ペトリFT・作例

現像から上がってきたので、まあ大した写真ではないですがいくつか。

共通データ:PETRI FT+55mmF1.8 使用フィルム:Kodak GOLD100

あじさい(1)
F2.8 1/250

キケン
F4 1/125

看板
F2.8 1/60

ベル
F4 1/125

雨
F2.8 1/250

空
F8 1/250

ペトリFT

前回のブログ更新から早2年が経ちましたが、みなさまお元気でしょうか。

以前書いたペトリFTII、結局不動となってしまいましたが、病気に罹ったか取り憑かれたか、その後ペトリのカメラばかりどんどん増えていく事態に。

petri_ft.jpg

これは先月入手したペトリFT。名前の通りFTIIの先代に当たるモデルです。
どこが違うかといえば、FTIIではホットシューが付いたというのが最大の変更点でしょうが、露出計のスイッチも両者で違いますし(FTでは絞り込みレバーとスイッチが兼用、FTIIは巻き上げでスイッチオン)、デザインもよく見れば結構変わっています。

某ハードオフで1080円にて入手しましたが、元の値札には2625円とあり、その上に2100円の値札が重ねられ、さらに1080円となっていました。
いつから置いてあったのかは分かりませんが、余程売れなかったんでしょうかねぇ。ちょっと切ない。

ボディの程度は、巻き上げレバーのメッキが腐食しているくらい(FTではよくあるらしい)で、特段悪いところはなく、シャッターも動いています。
ただしスローが利かないので、スローガバナーを取り出して清掃・注油しましたが、それでもあまりよくならず。やり直しかな。

レンズは絞り羽根が見事に固着。分解した上でこれも清掃。
カビがちょこっとだけ生えていましたが除去。跡が残っちゃいましたけど。

メーターも生きていました。ただし2段くらいアンダーになるので底部の半固定抵抗で調整。あまり正確にはなっていないと思いますが、まあ参考程度にはなるでしょう。

モルトを換えて、フィルムを装填。現在テスト撮影の真っ最中。
そろそろ終わると思うので、現像に出して、うまく撮れていれば主力機に...できるかなぁ。いつまでもってくれるやら。