メンバー

ユイエル

大天使ミカエルの涙から生まれる。

「ほちゃーん、ほちゃーん」の泣き声は数々の奇跡を起こし、それを見たシスターによって育てられる。

16歳の時、その美声をねたむ組織によって1000年の封印をされてしまうが、1000年後の2006年再び目覚め、黒薔薇保存会の一員となる。

MA様

ピエロの息子。

高知県で見た阿波踊りに感銘し、以後世界中の様々なダンスとの出会いの中から『エンジェルダンス』を完成させていく。

しかし、肝心のダンスの才能がまったくなかった…

OYKT

秋田のマグロ漁師の息子。

生まれながらにして親からも「親方」と呼ばれるほどの貫禄を持っていたが、その貫禄がゆえに「ギターだけが友達」となる。

高校卒業後は仕方なく1年間漁船に乗り込むが、その後ようやく親の許可が出、ギターの道を極めるために上京。

その深夜バスの中で、ある男と奇妙な出会いをする。

ゼメエル

生まれたまさにその瞬間、親に対して最初の言葉責めを放つ。

言葉責めは留まるところを知らず、ついに言葉責めの英才教育を受けることになる。

第17回全日本言葉責め選手権にて優勝。第30回ワールドボイスアタック選手権では、当時9歳にして日本人初のワールドチャンピオンとなる。

しかし、度重なる言葉責めにより声帯を壊し、言葉責めの道を絶たれる。

どん底に陥っていた時、ユイエルと出会い、その奇跡の力によって声を取り戻す。

再び声を得た彼女は言葉責めを捨て、歌うことを決心し、ボイストレーニングをはじめるのだった…

エルエル

先祖代々ベーシストの名門、米子(べいす)家の長男。青森出身。

4歳でベースをマスターし、7歳にして地元津軽公民館にてプロデビューを果たす。

当時津軽で主流だったほら貝に代わり、初めてベースをバンドに取り入れる。

新天地を求めて夜行バスで上京。体格からスペースを取り過ぎていた事に対し、ある男からマジ切れされる。彼こそ、後にバンドを組むことになるOYKTその人であった。

カリンコリン

マネージャー。それ以上でもそれ以下でもない、ただのマネージャー…だった。

※各メンバーのプロフィールは公式サイトのものを要約したものです。