タグ「ペトリFTII」が付けられているもの


カメラのおはなし

  • 投稿日:
  • by

前回の記事から1年近く間が空いていますが、ブログをやめたわけではありません。ちょっと冬眠させていただけです。
というわけで、久々の更新は最近はまっているフィルムカメラについて。

その1・ペトリ FTII

petri_ft2.jpg

17年前に亡くなった母方の祖父の形見。
もらって以来、シャッターを空切りしたりして遊んではいたものの、フィルムを入れて使うことは一度もなく、しばらくしまいこんだままになっていました。それを今年に入って久々に見つけ、ちょっと使ってみようと思った次第。

フィルムは2005年秋頃にデジタルに移行するまで使っていたのですが、その頃はAFやAEのコンパクト機ばかりだったので、一眼レフもフルマニュアルも初めて。
モルトを交換して、とりあえずフィルムを1本撮ってみましたが、一応ちゃんと撮れています。操作もさほど難しくはありません。

ただ露出計が付いているのですが、故障していて電池を入れても動かず。フィルムの箱に書いてあるシャッターと絞りのデータを元に計算と勘で露出を決めてます。まあネガで撮っている分にはそれで十分かと。

なおこのFTII、初代ペトリペンタ以降の伝統であった一軸カムシャフト式が廃止されたのはこの機種の登場からとされていましたが、底蓋を開けてみたら...
ft2.jpgft2_2.jpg

カムシャフト式でした。どうやら途中で設計変更があったようです。


その2・オリンパス トリップ35

olympus_trip35.jpg

さて、FTIIが(露出計以外は)一応使えるということは分かったものの、さすがに一眼レフを普段持ち歩くには無理があります。
スナップ用に手軽に使えるカメラはないかと探していたところ、某HARD ○FFのジャンクコーナーで見つけました。525円。
見たところレンズも綺麗だし、セレンも(精度はともかく)生きているようなのでお買い上げ。

手のひらサイズでかなりコンパクト。デザインも機能面でもシンプルな作りですが、安っぽさは感じられません。結構気に入ってます。

モルトを交換して(といっても1箇所しかないのですが)、1本目のフィルムを撮影中。どんな画に仕上がるやら。


その3・キヤノン ニューキヤノネットQL17-L

canonet_ql17l.jpg

これもトリップ35と同時にお買い上げ。1050円也。
トリップ35で撮影が終わったら、今度はこっちも試してみたいと思います。
とりあえずレンジファインダーを合わせるのが楽しい。