タグ「ラーメン」が付けられているもの


温洲軒(3)

  • 投稿日:
  • by

昨日の話ですが、とうとう温洲軒が閉店の日を迎えました。

11時45分ごろ到着しましたが、別れを惜しむ人々十数人の行列。

お店に入れるまでジャスト1時間かかりました。

最後の一杯に何を選ぶか迷ったのですが、チャーシューメン(800円+大盛り100円)にしました。

今までに食べたことのない絶品のチャーシューでした。これは何回でも食べておきたかったなぁ…

おやっさん、みなちゃん、お疲れ様でした。
結局3回しか通えませんでしたが、44年の歴史を少しでも味わうことができてよかったです。

ごちそうさまでした。


おまけ


文化放送跡のマンション。


どう見てもただのマンションではないです。


記念碑。

温洲軒(2)

  • 投稿日:
  • by

2週間ぶりに温洲軒へ行ってきました。

今日はもやしそば(700円)と餃子(400円)。
いやーうまかった。

さて、温洲軒閉店まで残り1週間。残念ながら行ける機会は閉店当日の10日しかなさそうです。
残り1回で何を食べるか…もやしそばをもう1回食べたいけれど、まだ他のメニューもあるし…
来週までに何とか決めましょう。

旧文化放送跡地

せっかく四ッ谷の地へ赴いたので、文化放送跡を見ていくことにしました。

写真では見たことがありましたが、立派なマンションになってましたねぇ。
当初は局舎の外壁を一部残して再利用する案もあったらしいのですが、古すぎて劣化が激しく使えなかったようです。それがちと残念。
代わりに旧局舎の写真が入った記念碑が設置されており、ここに文化放送があったことを示しています。
またこのマンションも文化放送の所有で、予備送信所がここに用意されており、屋上にアンテナらしきポールとワイヤーが設置されています。放送局らしさがまだ残っているということでしょうか。

文化放送はマンションになり、また道隔てて隣の四谷第一小学校は建て替えられ新たな四谷小学校となり、すっかり雰囲気が変わってしまいました。感慨深いものがあります。

(またしても写真が1枚もないのは、例によってカメラが見つからなかったからです。どこいっちゃったんかなぁ…)

温洲軒

  • 投稿日:
  • by

今日は四ッ谷のラーメン屋さん『温洲軒』へ行ってきました。

以前から温洲軒のことはよく知っていましたが、なかなか訪れるチャンスがなく、まあそのうち行けるかと思っていたら…「10月10日頃に閉店」の知らせ。
このまま未練を残すわけにはいかず、ようやく初訪問となりました。

初めてということで、基本の支那そば(550円)と、美味しいと評判のチャーハン(700円)をいただいてきました。
支那そばは、飾り気のないいかにも昔ながらのシンプルな醤油ラーメン。でもこれが美味しい。こういう「普通のラーメン」がなかなか食べられないので、なくなってしまうのはやはりもったいない。
チャーハンも、パラパラではなくしっとりと全体が固まったいかにも街の中華料理屋のチャーハン。でもこれもまた美味。

やっぱり来て良かった。否、もっと早く来るべきでした。何度も何度もこの味を堪能しておくべきでした。

閉店まで残り20日ばかり。あと何回行けるかわかりませんが、できるだけ訪問して、ぜひほかのメニューも味わってみたいと思います。
次は一番人気という『もやしそば』が食べたいな。

ごちそうさまでした。